こんぺいとう

アクセスカウンタ

zoom RSS ハウステンボス・ポルセレインミュージアム

<<   作成日時 : 2009/03/15 13:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

 一昨日の13日、前のお宅のご主人様が入院先の病院で亡くなられました
 私が嫁いできて36年、何時も優しい笑顔で接してくださったご主人でした
 人間には何時かは別れの日が来ると解っていても
 突然の訃報に、悲しくて涙が溢れ出ました

 2週間ほど前に入院なさって、昨日が退院の予定でした
 退院前にお風呂に入り、その後急変し眠るように逝かれたそうです
 
 13日は夫の誕生日でもあり、偶然にも前のお宅の息子さんのお嫁さんと同じ誕生日
 夫は糖尿病なので普段は大っぴらにはケーキを食べさせませんが
 誕生日は特別大サービスでいつもより余計に買います
 我が家のケーキと一緒に、お嫁さんの分もささやかですがプレゼントしました
 とても喜んでくれたそのあとに病院から連絡を受けたようです

 こうして記事を書いて良いものかどうか、戸惑いながらも涙ぐんでいます
 心よりお悔やみを申し上げたいと思います


          昨日は硝子のミュージアムを紹介しましたが、本日は陶磁器です
          

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
次は陶磁器なのですね〜♪
周りに有名な陶磁器の町があるから、ここの展示も豪華版ですよね〜
外国に和の陶磁器が・・・ってとっても不思議だけれど、それだけ認めてもらえたってことでしょうね。「磁器の間」もすごかったことを思い出しました〜
いつかは巡ってくることですが・・・ご近所様、ご冥福をお祈りいたします。
おばブー
2009/03/15 23:06
辛いお別れでしたね。
私も未だどのように云えばいいのか言葉が出てきません。
お向かいご主人様のご冥福をお祈りいたします。
マリー
2009/03/16 04:52
唐津から有田駅で乗り換えました。
駅前の観光案内?のようなところで少しだけ陶磁器を見てきましたが、時間があれば町も散策したかったです。
磁器の間は硝子張りと言うこともあるのでしょうが、入った途端目眩がしました(笑)
今日はお通夜に行ってきます。
おばブーさんへ
2009/03/16 07:18
マリーさんもお父様をお見送りなさったばかりでしたよね。

今年になって体調を崩されてお顔も余りお見かけしなくなっていました。
とても穏やかな優しい笑顔が思い出されます。
今夜がお通夜、明日は告別式で最後のお別れをしてきます。
マリーさんへ
2009/03/16 07:23
陶磁器の方も見事な作品ばかりですねー!
このような文化を発明(?)してくれた中国にも感謝です。
あ、よくお花を撮られていたお宅のご主人様が・・・?
ご冥福をお祈りいたします。
宮星
2009/03/17 12:52
はい、何時もお庭に入らせていただいてました。
親しくさせていただいただけに奥様のお顔や遺影を前にして涙が出てしまいました。
お通夜には参列できたのですが、今日は私の体調が今ひとつで最後のお別れが出来なかったのが残念です。
宮星さんへ
2009/03/17 14:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハウステンボス・ポルセレインミュージアム こんぺいとう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる