こんぺいとう

アクセスカウンタ

zoom RSS 伊達政宗霊屋(おたまや)・瑞鳳殿

<<   作成日時 : 2008/11/04 13:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 東京を出るときは曇り空、仙台の空も曇ってました

 旅行初日はそのまま【山寺・立石寺】へ行く予定でしたが
 お天気の様子を見て急遽仙台市内の観光に変更です
 着替えなどの大荷物は前もって宅配便にてホテルへ送ってあり身軽です
 
 駅前から「ループル仙台」と言う、観光名所を循環するバスに乗り
 初めに寄ったのが【瑞鳳殿】でした
『ウィキペディア(Wikipedia)』より
仙台藩祖伊達政宗は生前に自らの死後は、遺骸を仙台経ヶ峰に葬ることを遺言し、寛永13年(1636年)没した。政宗の後を継いだ二代藩主伊達忠宗は、政宗の遺言に従い、翌寛永14年(1637年)10月政宗の御霊屋(おたまや、霊廟)を建立し瑞鳳殿と命名した。瑞鳳殿は、本殿、拝殿、唐門、御供所、涅槃門からなり、桃山文化の華麗な建築を誇った。昭和6年(1931年)には国宝に指定された。

しかし、太平洋戦争末期の昭和20年(1945年)7月10日、仙台はアメリカ空軍による戦略爆撃(仙台空襲)を受け大被害を蒙る。瑞鳳殿も仙台空襲により焼失した。この時、二代忠宗を祀る感仙殿(かんせんでん)、三代綱宗の善応殿(ぜんおうでん)も共に焼失した。

瑞鳳殿再建は戦後になって議論された。昭和49年(1974年)再建工事に先立ち、跡地の発掘調査が行われて伊達政宗の遺骨や副葬品が出土している。

昭和54年(1979年)再建工事により本殿、拝殿、涅槃門、御供所および感仙殿、善応殿が再建された。(再建工事は地元の建設会社石井組による)。発掘調査の出土品を展示するために唐門脇には瑞鳳殿資料館が建設されている


画像

 ※この後、二代忠宗の感仙殿(かんせんでん)、三代綱宗の善応殿(ぜんおうでん)へと廻ります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
伊達政宗霊屋(おたまや)・瑞鳳殿 こんぺいとう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる