こんぺいとう

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳴子ダム(スライドショー)

<<   作成日時 : 2008/11/23 10:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本人だけで初めて作られたダム(検索資料より)

昭和26年、大勢の人たちの力が集まり、ついに調査と工事がはじまりました。
昭和31年8月31日「大丈夫、きっと成功する。」鳴子ダムの建設がはじまったとき、工事をする人たちは、自分で自分に言い聞かせていました。というのもこのダムの建設は、日 本で初めて、日本人だけの手でつくる事になったからです。それまでは外国人の技術者を招き、その人達に教えられてダムをつくってきました。でも今度は全部 自分たちでやるのです。それだけに日本でも特に優れた技術者が、たくさんここに集まってきました。

ダムをつくるには、まずいろいろな準備をしなければなりません。調査や設計、さまざまな試験。工事を始める前に、材料や機械をどうやって工事現場まで運べ ばよいのか、など問題はたくさん出てきました。険しい谷の中では、自動車で運ぼうとしても道路がありません。もちろん鉄道の線路などもありません。まず材 料や機械などを運ぶための、新しい道路をつくる事からはじまりました。

クレーンなど工事に必要な機械を運び、工事のための様々な設備をつくります。しっかりとした準備をして、ようやくセメントを入れ、コンクリートを組み上げていきました。

コンクリートを強くするために、大量のセメントを入れます。このコンクリートが固まるときには、たくさんの熱が出ました。それを冷やすために上から水をま き、コンクリートの中に幅1メートルの間隔で、高さ1.5メートルおきに直径15センチの鉄パイプを埋め込んで、1カ月間も水を流したままにしました。そ れからコンクリートの表面にコールタールのようなものが浮いてくるので、それを取り除くために水を流しながら、ブラシで洗うこともしました。

時には地滑りなどがおきて、何日も寝ないで作業を続けなければならないことがありました。しっかり止めたはずの水がどこからか漏れてきて、昨日つくったばかりのコンクリートの表面をはがしてしまった事もありました。突然岩石が落ちてきて頭に当たったり、穴が崩れて生き埋めになって死んだ人もいました。それでもみんな「これまで水害にあった人たちを救うため、何としてもこのダムをつくるんだ」と強い決意で工事を続けたのです。


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
鳴子ダム(スライドショー) こんぺいとう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる