こんぺいとう

アクセスカウンタ

zoom RSS ナンバンギセル&ヤコウボクの実

<<   作成日時 : 2008/09/10 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 25

 前のお宅で咲いているお花、名前は【南蛮煙管(ナンバンギセル)】と言います
 検索資料ではススキやサトウキビの根に寄生するとありましたが
 こちらのお宅では茗荷の根元に寄生してました

 狭くて低い場所、手足の痺れもあって体勢が上手くとれません〜
画像


画像


               苦心している姿に、見かねて1本切ってくださいました
               目線の高さにあげてみたら、結構な美人さんです
画像


                       太陽光線の下だと少し明るい色に見えますね
画像


                             お日様にくすぐられたのか 
                             大きなお口を開けてケラケラと笑い出しました
画像


 先日アップしたヤコウボクの実、その後どんな色になったと思います?
 隠し画像です。クリックして見て下さいね〜
画像


                 ヤコウボクの花をもう一度お楽しみ下さい
画像


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(25件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは^^
ナンバンギセル、形がキセルににているのでしょうか(・・?)
可愛いのにうつむいて、きっと恥ずかしがり屋さんなのでしょうね!
ヤコウボクのお花なんとなく形がペンタスに似ていますね♪
お星様がいっぱいです〜(^^)
てるてる坊主
2008/09/11 00:30
ナンバンギセルってケラケラ笑うんですか〜。面白〜い!!
本当にそんな風に見えますね。
ヤコウボクの実はこの後また色が変わっていくのでしょうか。
楽しみです。
茗荷の根元っていかにも蚊がいそう…刺されないようにお気をつけて!!

うふふ
2008/09/11 06:19
おはようございます(゚∇^*)♪
ナンバンギセルのアップがパッチリですね!!
いい色が出てます・・・ベッピンさんですよ〜
カメ・虫
2008/09/11 08:25
ナンバンギセル!!!
小学校の遠足で(ほんの二昔前かなぁ〜〜〜♪)
このお花を見つけ図鑑で調べました。
ですから少しおヴォケがきたオツムにもまだしっかり刷り込まれています(*^^)v
でもケラケラ笑うのは知らなかったです(笑)
hinaさん、とってもいいお写真です!!!

ヤコウボクのお花、とても上品なお花ですね。
でも実は・・・一瞬、鬼太郎ちゃんのパパに見えましたぁ〜〜〜 ゴメンナサイ。。
白い実が一杯付いて可愛らしいのでしょうね〜〜
色は変わっていくのですか?
dream
2008/09/11 09:01
ナンバンギセルのお花、ピカピカひかって綺麗ですね〜♪
私は終わりかけの鉢物しか見たことがないのですよ・・・。
今年こそススキの足元を見てこなくっちゃと思っているのですが、咲いているかどうかは?です。
ヤコウボクの実は真っ白なのですね〜♪
花も実も可愛いですね! こんなのが我が家の鉢に飛び込んできてくれないかな・・・!?
おばブー
2008/09/11 10:23
ナンバンギセル・・・これもまたおもしろい花ですね〜〜
ススキの足元に?
う〜〜ん…ススキの穂、しか目に入れてなかった〜〜
けらけらと笑ってるの、なんともほのぼのして可愛いですね〜〜♪
みやこ
2008/09/11 10:33
こんばんは。
ナンバンギセルの花、綺麗に撮られていますね♪
茗荷の根元に沢山の花が咲いていて薄紫の花が綺麗です。
日影でしか見ていませんでしたが太陽の下では、また違った色ですね。
ナンバンギセルの花の中まで見たことがありませんでした。
笑ったお口も可愛いです(笑)
ヤコウボクの花後には真白い可愛い実が付きましたね♪

2008/09/11 22:34
hinaさん、ナンバンギセルって大変面白い花ですね。
まだ一度も実物を見たことがありませんが、以前にもブログで見せていただいた記憶があります。
hinaさんじゃなかったですかね?
ご主人が撮った素晴らしい稲妻の写真うをWindowsLiveへ掲載されてましたか?そうでしたらぜひURLを教えてください。もう一度見たいのですが
彦左
2008/09/11 23:29
ナンバンギセルというのは寄生植物なんですか。
茗荷は我が家の庭にも茂っていますが、ヤブ蚊がいっぱい出撃してきそうで覗けませ〜ん!!(^-^;;
寄生していてもちゃっかりこんなかわいい花を咲かせるんですねー!
あぁ、だから<ケラケラ>!?(笑)
宮星
2008/09/11 23:49
こんばんは〜
ナンバンギセルの花、アップで見ると笑っているようですね
寄生植物だそうですが、なかなかお目にかかれません。
撮るのにご苦労されたんですね、撮っているhinaさんの姿がうかんでくるようです(*´ー`) フッ
ハマ爺
2008/09/12 23:03
ナンバンギセル・・・そういえばパイプのような形を
していますね。
銀をまぶした様な花弁に 粋な美人の肌艶を想像させ
ますね。
ログの大好きな徳さん
2008/09/13 01:08
ご免なさい〜、みな様へのお返事が遅れています。
ここ数日は家の前の通りで掘削作業、家が揺れるので落ち着いて部屋に居られません。
と言いながら、一昨日はドン!ドン!という音を子守歌に、1時間以上もお昼寝をしてしまいましたが・・・(笑)

今日はゆっくりとみな様にお返事が書けそうです。
みな様へ
2008/09/13 06:53
てるてる坊主さまは、お若いのに煙管をご存知なんですね!
3番目の画像を横向きにしてみると煙管の形に見えますよ。
ヤコウボクの花はペンタスの花よりも小さいですが、夜にしか咲きません、そして強い香りを漂わせます。
てるてる坊主さまへ
2008/09/13 06:57
はい〜!ナンバンギセルの笑う声が聞こえてきましたよ♪
蚊にいっぱい刺されて、この後は痒い痒い〜と悶えておりました(笑)
ヤコウボクの実は白で終わるようですよ。
うふふさんへ
2008/09/13 09:26
いい色が出てます・・・ベッピンさんですよ〜>ナンバンギセルはお日様の下で見るととても綺麗なピンクでした♪
カメ・虫さんへ
2008/09/13 09:34
小学校の遠足・・・そうですね、ホンの昔ですね(笑)
私は本物を見たのは初めてのような気がします。
ヤコウボクの白い実は、言われてみると目玉オヤジさんのように見えますね(爆)
ただ、この白い実は花の数ほどはならないようで、数粒しか見当たりませんでした。
ヤコウボクの実は白い状態で終わるようですよ。
dreamさんへ
2008/09/13 09:42
ナンバンギセルは花屋さんで売ってるんですか!?
見たことはないと思ってましたが、私もきっと何処かで見てるのでしょうね。
ヤコウボクは簡単に挿し木で付くと聞きました。
先日の我が家のも挿してみたのですが、何だか枯れそう〜(^_^;)
おばブーさんへ
2008/09/13 09:46
このナンバンギセルという花は、私が思うのに、日陰で湿度の高い場所が好きと見受けました。
ススキの根元を捜してみてね・・・あは、何かの暗号みたい〜(爆)
みやこちゃんへ
2008/09/13 09:49
ナンバンギセルは売っていたのではないのです・・・。
以前、山野草展で見たのですよ〜。でも色も悪いし、雰囲気がいまいち! ススキの足元でひっそり咲いているのを見てみたいですね〜♪
hinaさんは、お近くに珍しい花まであるのがとっても羨ましいです。ヤコウボクもうまくつくといいですね。
おばブー
2008/09/13 10:06
あー、鉢植えで見たと書いてあったので勘違いしました。
毎度の早とちりで済みません〜(笑)
この辺のお宅も花好きの方が多いので、珍しい花を見せていただくことが多いので幸せですよ♪
おばブーさんへ
2008/09/13 10:11
茗荷の根元に沢山のナンバンギセルが咲いてました。
この画像の株は、私の友人の元へ嫁いでいきました♪
ナンバンギセルの蕊はどうなっているのかと覗き込んだら、くすぐったかったようです(笑)
杏さんへ
2008/09/13 10:17
彦左さんはブログで見たことがあるのですね。
私はこの花は初めて撮影したような気がします。
夫が撮った稲妻の写真のURLとのことですが、WindowsLiveにアップしておきました。あれで良かったでしょうか?
彦左さんへ
2008/09/13 10:21
我が家にも茗荷があるのですが、やはり日陰で狭いところです。
昨年は茗荷の花など撮影したのですが、今年はあの中に入る勇気がありません〜(笑)
今年は目に見えないほど小さな蚊が居るのでしょうか?気を付けていてもいつの間にか蚊に刺されてます!
宮星さんへ
2008/09/13 10:24
寄生植物でもこの様に可愛い花を咲かせるのなら良いですよね。
我が家にも寄生している○○××が・・可愛いとは言い難いです。
太っている上に手足が痺れるので、狭い場所はきついんです〜(笑)
ハマ爺さまへ
2008/09/13 11:51
半世紀も昔、私の亡くなった祖母が、煙管で葉タバコを吸っていた姿を想い出します。
葉っぱを刻んで煙管に詰め込んで、時代物の長火鉢を前に煙を出してる?祖母が不思議な人に見えました(笑)
それでも祖母は長寿で、93才までピシッとしてました。
ログの大好きな徳さんへ
2008/09/13 12:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナンバンギセル&ヤコウボクの実 こんぺいとう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる