こんぺいとう

アクセスカウンタ

zoom RSS 歩数計の数字を増やした理由(わけ)・・・@

<<   作成日時 : 2008/09/27 10:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

 2日目は【小布施】へ行って来ました
 私のスケジュールでは「小布施フローラルガーデン」で半日、
 「古い街並みのある北斎館」で半日と、ゆったりと時間を取った筈でした

 小布施駅からフローラルガーデンまでは歩いていける距離でしたが
 前日の疲れも残っていて駅前でタクシーに乗ったのが運の尽き?
 「岩松院」には行かれましたか?《大鳳凰の八方睨みの天井画》は必見ですよ」
 「う〜ん、予定外だけど、お父さんどうする?」・・・
 お寺好きの夫、「行ってみようよ」と相成りました
 ・・・と言うことで、こちらでも歩数計が増えたのですね〜

 この日はもう1箇所想定外の行程で歩数を増やしました
 この2箇所がなければ、10000歩ほどで済んだかと思います

                 【岩松院】(スライドショーでどうぞ)

画像
 

                        岩松院のホームページです↓
             http://park19.wakwak.com/~gansho-in/annaizu.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
サービス精神旺盛といいますか、商売上手といいますか、なかなかのタクシー運転手さんでしたねー!?(笑)
話題が旦那様の琴線に触れてしまったんですネ?
まぁ、足の方は大変ですが、こんな事もないと新しい事には出会えないのかもしれません。(^0^)
おみ足をいたわってあげてくださいませ〜〜〜!!(大笑)
宮星
2008/09/27 11:21
予定外の訪問、歩行距離が増えて少しお疲れだったでしょうね。
でも良いところを見ることが出来てよかったのではないでしょうか?
私は知らないところばかりで、へぇ〜〜〜へぇ〜〜と
楽しませていただきました。
dream
2008/09/27 11:47
山門の仁王さんは金網で保護されているのですか?
いたずらする人がありますからやむをえないのでしょうが・・・気持ちとしては、金網なしで見せて欲しいですね。
京都の寺院などもご多分に漏れず金網の中に仁王さんがいますが・・・御室の仁和寺は金網なしで迎えてくれますよ。
Tatehiko
2008/09/27 13:40
目的地からはそう遠くなかったので、地元のタクシーの運転手さんのお薦めなら間違いないと思って行ってみました。
夫は目が悪い所為もありますが、とても時間をかけて撮ります。
それでますます苛々が募り疲れるんですね〜(笑)
北斎の生絵を間近で観ることが出来たから良しとします〜(^_-)-☆
宮星さんへ
2008/09/27 16:05
前日の疲れがまだ残っていたので余り歩きたくなかったのです。
この寺院からフローラルガーデンまではマップ上はそう遠くなかったのですが、何せ初めての土地、尚更疲れがましました。
でもね、ここでも地元の方の人情に触れたんですよ♪
その事はまた改めて記事にしたいと思います。
dreamさんへ
2008/09/27 16:13
hinaさん、歩数計を増やしての横道も素晴らしい物でしたね。
岩松院ってご立派なお寺です。そして大鳳凰の八方睨みの天井画は龍の絵ですね。素晴らしい風景見せて頂きました。おまけはトンボと露草でした。
彦左
2008/09/27 16:23
仁和寺には一度行ってますが、もう5年以上も経っていますので記憶も曖昧になっています。
その時は寺院の庭園ばかりを見て歩きました。
仁和寺の庭園は特に印象深く記憶してますが、再認識のためにも、もう一度ゆっくりと訪問してみたいです。
Tatehikoさんへ
2008/09/27 16:36
ああ、彦左さんも寺社仏閣には造詣が深いのでしたね。
鳳凰というと火の鳥を想い出します。
八方睨みと言うのは何処にいても目が合うので怖いですね。
私はどちらかというとオマケの方に興味が湧きました(笑)
彦左さんへ
2008/09/27 16:40
&shy;北斎88才の八方睨みの大鳳凰は迫力有りますね ♪ 絵を描くには気力体力がいると聞きましたので年を取られても気力体力のあった方なのでしょうね!
歩数が増えた原因が分りました。又、改めてと言うと歩数が増えるだけでは済まないので色んな所をこの機会に見ておかれて良かったですね (*^_^*)
♀カメ虫
2008/09/27 18:16
小布施には、最初の時は家族旅行でした。
現地のタクシー利用で、善光寺、戸隠を廻り、野尻湖経由で赤倉温泉に泊まり、二日目に小布施に行きました。
かなり期待の小布施で、北斎館、岩松院などを見学しましたが、期待が大きすぎたようで・・・
2回目は、友人達との団体バス旅行でした。
この時は善光寺にお参りし、小布施、渋温泉泊りでした。
小布施では周辺を少し見て廻り、喫茶店での時間が長かった、という記憶です。
当時は、小布施の宣伝が賑やかに行われていた頃で、もう、かなり古い話で、あれからかなり変った事と思います。

俳写日本美
2008/09/27 23:14
88才で天井画を描いたと聞いたとき、私は一瞬「え?天井を見て絵を描いたの?」と勘違いしてしまいました〜。
下で描いたものを天井に上げた訳で、幾ら何でも天井を見ながら描く体力は無かったでしょうね(笑)
次回の余分な歩数をお楽しみに〜(爆)
♀カメ虫さんへ
2008/09/28 08:30
私も小布施には日本美さま同様、大分期待を持って行きました。
でも、北斎館周辺の人の多さに参りましたね〜。
写真もそこそこに引き上げましたよ。
この辺は北信濃と言うんですね、街道沿いに咲く花々で癒されましたが、歩き疲れて小布施駅前の喫茶店で休憩しました(笑)
俳写日本美さまへ
2008/09/28 08:40
<山門にはお決まりの仁王像・・・
>ほんとに愛嬌がありますねぇ。
どんな経緯で設置されたんでしょうねぇ。
面白い話がありそうですね。
ログの大好きな徳さん
2008/09/28 09:54
日本にはまだまだ良いところが残っていて、捨てたものではないことを実感しました。
愛嬌のある赤い仁王様、「あ」「うん」と言っていますね。
ご主人さまとのご旅行も「あうん」の呼吸だったことでしょう。
楽しそうなのがここまで伝わってきます。
うふふ
2008/09/28 10:15
岩松院のHPを見て見たのですが、仁王像に関する説明はないですね。
これまでにこの様なホッとする仁王像には出会ったことがなく、私も知りたいところです。
ログの大好きな徳さんへ
2008/09/28 17:33
そうですね、日本という国は奥が深いようですね〜。
行ける範囲で全国を行脚したいですが、もう少し若くて健康だったらと思う今日この頃です(笑)
うふふさんへ
2008/09/28 17:37
営業上手なタクシーに乗ったのですね〜。でも、私もお寺好き、きっと立ち寄ったと思います。
こじんまりとした建物がこの場所らしい嫌味のない雰囲気を感じさせますね〜。「八方睨みの大鳳凰」にスゴイ〜〜と感激、&shy;北斎が88才で畳21畳分&shy;の大作を描きあげたということを知ってまたまたビックリです〜♪ 私もその年にそれだけのバイタリティーがあるかな・・・汗。←平均寿命を超えてるから、生きてるかどうかも?ですね・・・笑。
おばブー
2008/09/29 18:17
タクシーだと、フローラルガーデンからはメーターもそう上がるほどの距離ではなかったと思います。
運転手さんは純粋にこのお寺を紹介したかったのかもです。
後ろには山が控えていて、突き当たりのような場所にありました。
元気で長生きできると良いですね(*^-^*)
おばブーさんへ
2008/09/29 21:26
今見てビックリです。↑のコメントに変な文字が入っていました。どうしてなのか?です・・・汗。気づかずすみません。ペコリ。
おばブー
2008/09/30 09:51
絵文字を入れると時々この様に変換されることがありますね。
気にしないでね〜、私も時々やります(笑)
おばブーさんへ
2008/09/30 10:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
歩数計の数字を増やした理由(わけ)・・・@ こんぺいとう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる