こんぺいとう

アクセスカウンタ

zoom RSS 姨捨・長楽寺(長野県)

<<   作成日時 : 2008/09/21 14:36   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 22

 姨捨駅から直接行けば何とはない道のりだったような気がします
 まずは棚田の絶景ポイントへ出て、棚田を歩いて大回りをしようと思ったのです
 この順序が間違いだったのかどうかは分かりませんが
 農作業途中の方の手を止めさせて順路を教えて頂き、ようやく辿り着いた長楽寺です

長楽寺(ちょうらくじ)は、長野県千曲市にある天台宗の寺院。山号は姨捨山。本尊は聖観世音菩薩。信濃三十三観音霊場第14番札所。
眼下に眺望の広がる境内には多くの歌碑や句碑がある。中でも門脇の松尾芭蕉の句「俤や姥一人なく月の友」を刻んだおもかげ塚は陸前松崎の「松島やああ松島や松島や」、常陸鹿島の「月はやし梢は雨を待ちながら」とともに日本三塚に数えられるという。
長野県下に5ヶ所ある国指定名勝の内の1つである。ちなみに他は上高地、天竜峡、寝覚の床そして光前寺庭園の4ヶ所である。
千枚田や四十八枚田と言われる棚田の向こうに広がる善光寺平の景色は全てが武田、上杉の12年間5度に亘る川中島の戦いの戦場でもあった。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
中秋の名月を芭蕉ゆかりの月見堂で!・・・見れたらステキでしょうねー!!(^O^)
茅葺の雰囲気が名月に絶対、似合いますネ!
webで調べると、姨捨駅からまっすぐ行けば10分くらいとありましたが、hinaさんご一行は何時間かかられたのでしょう?(笑)
でも、旅はちょっと回り道をした方が収穫(思い出)がたくさんできますよネ!(^0~)
長楽寺のホトトギス、我が家のとよく似ていてビックリでした。(笑)
宮星
2008/09/21 16:02
スライドショーを一コマごとに停止させて見せていただきました。
趣があっていいところですし、一つ一つの写真の解説がいいですね
月見堂の茅葺きが葺いたばかりで綺麗ですし、ここでの月見では、
一句詠みたくなるのでしょうね。
ハマ爺
2008/09/21 17:21
月見堂の鐘越しに見る青空が秋の気配ですね ♪ こんな素敵な場所を旅先に選ぶなんて・・どうして調べたのでしょう?
♀カメ虫
2008/09/21 17:55
はい〜、迷路のような棚田の畦道を、長楽寺目指して2時間以上をかけて歩きました(爆)
収穫も沢山ありましたが、疲労も限界に来てましたね〜。
私もこのホトトギスを見て、宮星さんの写真を思いだしてました。
宮星さんへ
2008/09/21 17:58
趣のあるお寺でしょ(^_-)-☆
小さなお寺ですが眺めは最高です。
句は詠めませんが、気持ちだけは芭蕉になってました〜(笑)
ハマ爺さまへ
2008/09/21 18:02
昨年の4月、門司港の記事を書いているときに偶然この姨捨駅の名前を目にしました。
ネットで調べて「千曲市観光協会」にメールで問い合わせをして、パンフレットを送っていただいたのが6月頃だったでしょうか。
♀カメ虫さんへ
2008/09/21 18:11
hinaさんこんにちは。その節は・・・有難うございました。
スライドショーを拝見させていただき、ただ ただ びっくりです。
今まで、気がつかなかった風景に出会うことが出来ました。
hinaさんの前向きな生き方に心から感動しています。
また お会い出来る日を 楽しみにしております。
chie
2008/09/21 18:13
コメントを有り難うございます *☆*:;;;;;;:*☆*
こちらこそ大変お世話になりました。
面倒な宿泊客だったと思いますが、とても親切にしていただき幸せな時間を過ごさせていただきました。
また何時の日か、そちらに伺える日が来ることを信じております。
本日はコメントを頂き嬉しかったです。
どうも有り難うございました。
chieさまへ
2008/09/21 18:46
長命寺の鄙びた佇まいは、棚田と共に素晴らしいですね。
こじんまりとした茅葺の月見堂も、風景に合致していて、
芭蕉でなくても多くの歌人、俳人が訪れるのが判ります。

高速道の姥捨SAは、観光バスでよく通りますが、此処では止まったことは無く、名古屋から160Km位の近距離ですから、自家用車での計画を
、と思いますが・・・
〔自分の年齢も考えなければ〕ですね。
俳写日本美
2008/09/21 19:19
hinaさん、長野県千曲市というのは全く知りませんが。長楽寺境内から上に上って素晴らしい棚田の風景良かったです。スライドショーのスピードを5にしてゆっくり拝見しました。
彦左
2008/09/21 19:31
棚田の風景も素敵でしたが、その中にあるお寺がこんなに景色になじんでいるなんて、とっても素敵な場所を選ばれましたね〜♪
お寺の屋根が葺きかえられたところだからか、フックラしていい雰囲気ですね〜。
一緒に棚田から歩いてきた気分で見させてもらいました。それにしても下りのようですが、ここまででもずいぶん歩かれたようですね。お疲れ、出ませんでしたか〜?
おばブー
2008/09/21 21:28
hinaさんはみやこが思ってるよりう〜〜〜んと、タフなのかも〜〜(^^♪
私・・・あの石段登るのはなんとかだけど・・・下るのは怖いです〜〜(>_<)
こういうお寺さん、華々しいお寺さんと違って素朴でいいですね。
みやこ
2008/09/21 23:03
なんかhinaさまらしい選択ですね〜
静かでゆっくり時間の流れるような感じのところですね。
月見堂で十五夜みられたら素敵でしょうね〜泊まれるのでしょうか?
でも、歩いていくのですか〜?
ちょっと辛いと思ってしまう怠け者です。。。

棚田の風景が素敵ですね〜
田舎情緒たっぷりです〜
アズキの母
2008/09/22 02:43
電車や車での移動手段はなかった時代に、ここまで歩く昔の人の健脚には驚きです!
こちらには名古屋からのお客様も多いようですよ。
車で160`と言うことは3時間弱で行ける距離でしょうか?
近くに駐車場もありましたので、日帰りで行けますね♪
俳写日本美さまへ
2008/09/22 07:36
千曲川は有名ですよね。
名前だけは知ってましたが、この地を訪問したのは初めてです。
長野新幹線を乗り継いで3時間弱、結構な時間を要しました。
姨岩に登るのには勇気が要りましたが、良い景色を見ることが出来ました♪
彦左さんへ
2008/09/22 07:46
ウォーキングプランとして、Aコース15分、Bコース40分と設定されてましたが、写真を撮りながら、道に迷いながらで倍はかかりましたね。
おデブな体には下り坂もきついものです(笑)
旅行中が睡眠不足で、帰宅してからは毎日眠いです(*´o`*)
おばブーさんへ
2008/09/22 07:57
そうそう、子どもの頃から身軽で「さすが申年!」と言われてました〜(笑)
ま〜、それは過去の栄光?で、今後はホルモン剤の影響で骨が脆くなると聞いてます。
足腰が丈夫な時にと頑張ってきました。
みやこちゃんへ
2008/09/22 08:04
2日目以降、途中で予定が変わったりして少し疲れました。
自分の立てたスケジュールが狂うと疲れが倍きますね。
この近辺でゆったりと2日間を過ごせたら良かったです。
良く分かりませんが、このお寺には泊まることは出来ないと思います。
近道だったら15分ですよ、母さまでも大丈夫かと。。。
アズキちゃんの母さまへ
2008/09/22 08:14
こういう素朴だけれど有名なお寺さんがあるのも知らなかったです(恥)
とても興味がでました!
長野は広いですね〜〜〜

私は低山ハイクに行くとき、最近はステッキを持つようになりました。
それに慣れてしまうと、写真の下り坂、怖い〜〜〜!!
hinaさんよく頑張りましたね!
お宿は温泉だったのですか?
お宿の方?からもコメントが。。
ますます次の記事が楽しみです。

dream
2008/09/22 12:07
覚えていらっしゃるでしょうか?
姨捨駅は、昨年門司港の記事後からマイブームになってました。
初めは日帰りで、駅だけ見てこようと思っていたのですよ。
長野は移動が大変ですが、また行ってみたいです。
お宿のスタッフの方と写真撮影の話しからブログの話しになり、恥ずかしかったのですがブログのアドレスをお教えしました。
とても親切にしていただき、「何度も訪ねてみたいホテル」になりそうです♪
dreamさんへ
2008/09/22 14:57
こんばんは。
本堂と月見殿の葺き替えて真新しい茅葺きの屋根と庭のススキが秋の気配を感じます。月見堂から眺める月は素晴らしいのでしょうね。
姨岩の頂上に登ったようですが、凄いですね!
頂上からの眺めは綺麗ですね、棚田や遠くの山々などの景色が一望できましたね。

2008/09/22 18:24
私たちが行った2日前が丁度満月だったようで、ホテルの方のお話では、カメラを持った方たちが大勢見えたそうですよ。
月見堂は狭いので、大勢は入れそうにないですね。
姨岩は眺めは良いですが、怖くて長くは立っていられませんでした。
杏さんへ
2008/09/22 21:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
姨捨・長楽寺(長野県) こんぺいとう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる