こんぺいとう

アクセスカウンタ

zoom RSS 馬事公苑の桜

<<   作成日時 : 2008/04/03 12:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 病院敷地だけの桜では飽きたらず
 化学治療の経過が良いことに気分を良くして
 退院後、真っ直ぐに近くの公園へ行ってお花見をしてきました
 
                ※スライドショーでご覧下さい
画像


 副作用の痺れが出始めたのか、手のひらと指に違和感を感じています

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
馬事公苑の桜の木は大きくて高いので迫力がありますねぇ。
見事な景色とか言いようがありません。
ログの大好きな徳さん
2008/04/05 23:22
馬事公園のいろいろな写真を拝見しました。
そこで、チョッと、おセッカイな一言を・・・
例えば、満開の桜に真っ黒な幹・・・などなど、
カメラのフラッシュを試しに使ってみて下さい。

コンデジ・フラッシュの光達距離は3〜5mです。
写真はオートで写すと、画面全体の明るさで自動的に設定されて、シャッターが切られます。
この場合、手前の幹は暗く露出不足になり黒くなります。
そこで、カメラのフラッシュを強制発光させると、手前の幹にはフラッシュ光が当たり、幹の色が出てきます。遠い所の桜の花には、フラッシュ光が弱くて届かず、影響は出てきません。
この手法は、カメラから幹までの距離、明るい桜花までの距離との関係により、写した写真に違いがでます。
写した写真の写り具合を確認して、フラッシュの発光量を強く、弱くして、好きな画像に「試行錯誤」します。
また、フラッシュ発光量は通常は標準に設定されおり、被写体との遠近により、光達量を加減する方法もあります。

フラッシュは、明暗差のある場合に有効に活用し、色調を補正した写真を創る事ができます。
ぜひとも、お試し下さい。

俳写日本美
2008/04/06 00:10
こんにちは。
この公苑には花壇や自然林も在るんですよ。
何時行っても素敵な景色が見られすので、これからも体調の良い日には寄ってこようと思います♪
ログの大好きな徳さんへ
2008/04/06 14:14
こんにちは。
お節介なんてとんでもないです。
未熟な私にとっては、みな様のアドバイスはとても勉強になります。
フラッシュ機能は以前に逆光で使うことを教えて頂いたような気がしますが、それ以外には殆ど使ったことがありません。
撮影メニューを見たら、フラッシュの発光量も強弱と変えることが出来るようになってるんですね〜!
ただただ闇雲にオート設定で撮っていました。
教えて頂き有り難うございました。
俳写日本美さまへ
2008/04/06 14:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
馬事公苑の桜 こんぺいとう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる