こんぺいとう

アクセスカウンタ

zoom RSS 長谷寺・その1(登廊)

<<   作成日時 : 2007/12/01 13:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

 2007年も最後の月となってしまいましたね
 明後日、事前の検査の結果が良好なら、初めての抗ガン剤治療が始まる予定です
 9月6日の手術後、目が醒めたとき「リンパへの転移は無かったよ」と言われ喜びました
 転移がなければ放射線治療だけで済む予定だったのです
 退院後、初めての定期検診の日、ショックな宣告をされました
   手術中の顕微鏡検査では発見できなかったが
   その後の精密検査でリンパへの僅かな転移が認められた
   (手術前、リンパへの転移があった場合はもっと大きな手術になると聞かされてました)
   では、どうするか?
   もう一度手術をするか、抗ガン剤治療をうけるか
 「縫い合わせた後で、又開腹なんて嫌です!」と即答してしまいました
 でも、先生には「どちらが有効でしょう」と尋ねたんですよ
 先生の返事は無く、私、ボソリと「患者が選択しなくてはいけないんですね?」・・・・・
 悩んだ結果、やはりその時点では手術を受ける気にはなりませんでした
 そうなると自ずと抗ガン剤治療になるわけで、何れにしても厳しい選択肢でした
 現在でも手術を選択した方が良かったのではないか・・・気持ちが揺らいでます
 
 抗ガン剤治療が始まると何処にも行けなくなるという不安があり
 今回の奈良行きを決行した次第です
 思い入れのある旅行でしたが、お天気には余り恵まれませんでした
 おまけにこの日の奈良は、この冬一番の寒さだったのです
  
 長谷寺の写真は多いので、数回に分けてアップします
 登廊(重要文化財)は総段数399段、上中下の3廊に分かれている長い階段です
 上廊は1039年、中・下廊は1889年に再建されたそうです
  
 ホームページ↓に境内のマップと解説が載っています
 http://www.hasedera.or.jp/h2003/guide/grounds.html

 スライドショーでご覧下さい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
長谷寺の長〜〜い登廊…写真を見ただけでみやこは「いい、やめとく…」っていいそう〜〜^_^;
でも、こんなところを昇り降りすれば身体はあったかくなるかも〜〜寒さもへっちゃら?でなかったですか(^^♪

抗がん剤治療…いよいよ始まりますね。
うちの養母もリンパに転移してましたが本人には内緒、内緒…にしてます。
hinaサンはまだ若いから体力あるのでいいけど、養母は85歳…とてもじゃないけど耐えられそうでないのでそのまま…
hinaさん、治療は人によっては副作用もあったりするらしいけど、我慢して受けようね〜〜
なんて子供に言うようなこと言っちゃって…あは…^_^;

副作用、少なくて済むように・・・・飛騨からお祈りいたします〜〜

みやこ
2007/12/01 15:48
hinaさん、強いですね。私なら大手術の後は滅入って何も出来ないと思いますが、素晴らしいです。長谷寺の長い階段よく上りましたね。先日仲間が伊勢街道を歩いて長谷寺へいってますが、普段元気な方も階段が疲れたと云ってました。写真スライドショーで一度に沢山見せて頂きました。
彦左
2007/12/01 16:43
どうも有り難うございます。
先生も75才過ぎると考えるけど、まだ若い?から大丈夫とは言ってくれてます。でもきつい治療だと言うこともケロッと言って除けます(笑)
この階段を無理なく上れる体力もあるし、耐えられるからと言う保証が有っての治療かも知れませんね。
高齢者や虚弱な人は受けたくても受けられない・・・
そう考えると贅沢は言ってられません。
約7ヶ月、ガンバるっきゃないですねp(^-^)qファイト!
みやこちゃんへ
2007/12/01 16:45
強くもないのですが、空元気です(笑)
元気なうちに、出掛けられる時にと何時も考えてます。
階段はデジカメ撮影しながらでしたので難なく上れました。
階段を見つめながら黙々と上っていたら音を上げていたでしょうね。

写真はボリュームがありすぎて一気に掲載しませんでした。
此でも大きいかとは思ったのですが、治療前に長谷寺だけでもアップし終えたかったので詰め込みました(-_-;)
彦左さんへ
2007/12/01 16:53
はるかな昔、長谷寺・室生寺へ冬の寒い時に一人旅しました。雪が降っていて、それなりに趣のある旅でしたが今はできません。大変な局面が続きますが、たくさんの人たちがhinaさんを見守っていますよ。
ひまおやじ
2007/12/01 20:00
どうも有り難うございます。
覚悟は出来ていると思っても不安に陥ることもありますが、ブログのお仲間にも沢山の応援を戴いて心強いです。
長谷寺の雪景色、素敵だったでしょうね。
ひまおやじさま
2007/12/01 21:29
hinaさまは勇気がお有りですね〜
今日の記事を拝見して益々そう思いました。。

私なんて危ないと言われたとき、一人孤独に暗黒の闇にすーーーーーっと落ちていく恐ろしい夢ばかり見て叫んでいました。。目が覚めると全身汗びっしょりで、夜中に何度も着替えました。
6人部屋のみなさんは何も言われませんでしたが、多分恐ろしい声で呻いていたと思います。。
昼間は元気に冗談など言っていましたので凄く恥ずかしかったです。。
でもこうして元気にしています〜病気も違いますし私は突発ですが。。

登廊が人生に見えてきました〜一歩一歩進んでいく長い道のり〜感傷的になりました〜〜〜。
抗がん剤7ヶ月も続くのですか?
副作用が少ないことを私も佐賀からお祈りします。。
台風のあの日も東京の空の下を思っていました。気になるのです〜。
アズキの母
2007/12/01 21:30
1分違いのリアルタイムのコメントでした〜!
手術が台風上陸の日だったのでアズキの母さんの記憶には何時までも残っているんですね。
術後そろそろ3ヶ月になりますのに、有り難うございます。
勇気はないのですが、もう惜しい命じゃないので開き直っているのかも知れません。
先生には「女性の平均寿命は85年、あと20年以上残っているよ」と言われました(笑)

恐い夢は余り見ませんが、あり得ない夢は良く見ますね〜。
以前にお話ししたと思いますが、阿部前総理や小泉元総理が一緒に出てきたり・・・その話しで我が家族は大爆笑でした。
空を飛ぶ夢も良く見ます。それも高くは飛べなくて低空飛行です。きっと体重があるからかも知れませんね。
抗ガン剤は点滴で計16回、副作用のこともあり間隔が開くようです。
アズキの母さんへ
2007/12/01 21:46
9月6日の手術からもう3ヶ月がたちますね。
hinaさん、皆さんが応援していますよ。
大丈夫です!「病は気から」と言いますが、吹き飛ばしてしまいましょう〜。抗がん剤治療は大変な時もあるかもしれませんが、今までのように前向きで頑張って下さい。
長谷寺の登廊は長いのですね。それに今日も白い南天が・・。
昨日は赤でしたので、紅白の南天ですね。
少しでも副作用が少ないように祈っております・・。

2007/12/01 22:52
長谷寺は2度訪れていますので
お写真、懐かしく拝見しました。
そこで二度とも燃えるとお経が浮き出て残るお線香を求めました。
実家が真言宗なので・・・
歴史のある立派な真言宗のお寺さん、段の高さが低いとはいってもあの階段を登って行くのは疲れますね。
駅からも階段ですしね〜〜〜
でも本堂までたどり着いて参拝し、絶景を眺めて
気持ちがスッキリしたことを思い出しています。

ご家族の皆様はもちろんですが、ここでお知り合いになった仲間たちみんな、hinaさんのこと応援しています。
私も治療が少しでも楽でありますようにお祈りしています。

dream
2007/12/01 23:51
お早うございます。
応援有り難うございます。
インターネットとは、便利な面もありますが、時には残酷な情報を目にします。ネット検索で多少情報過多になっているようです。
南天の実、無意識にアップしてましたが、紅白が揃ってたことを杏さんにまたまた教えて頂きました。\(^○^)/
ここまで来たら、前向きにp(^-^)qファイト!でがんばってきます。
杏さんへ
2007/12/02 07:05
応援有り難うございます♪
長谷寺には素敵なロウソクが売ってるんですね〜。
宗派はバラバラの寺院巡りをしながら、今回はお賽銭ばかりにお金を使ってきたような気がします(笑)
日中の買い物の時間は一切無しで、宿泊ホテルから“奈良限定商品”だけ買って宅配で送っただけ〜(^^;)

今回は先生とも相談して1泊入院となりましたが、1泊分の準備をしていたら「延泊?になるかも知れないから余分に用意した方が良い」と夫に言われ、(不必要になることを願いつつ・・・)3泊分を準備しました・゚゚・(×_×)・゚゚・
延泊は嫌ですが、家族には迷惑掛けたくないので仕方ないです。
延泊せずに済むようにと願うのみです。
dreamさんへ
2007/12/02 08:00
懐かしいです〜♪ そうそうここの階段はすごいのですよねぇ〜。横に少しスロープ状の道もあるのですが、やっぱりこの階段を歩かないとね。帰り道はそちらだったかな…? 
牡丹も今はこんな状態なのですね。是非花咲く頃にまた出かけてくださいね。それまでは、治療一本でがんばるのですね。出かけられなくなるのはちょっと寂しいですね。でも、hinaさんはきっと乗り越えて、牡丹を見に来てくれると思っています。
これから少しずつ寒くなってくるので、風邪などひかぬように気をつけてくださいね。第三段階も笑って乗り切れますように! ファイト〜〜!!!
おばブー
2007/12/02 19:42
来年の牡丹には間に合いそうもないですが、再来年を目指して頑張りますね〜!
1回目でまだ音は上げられません。
具合が悪いときこそ頑張れねばと自身に発破を掛けています。
おばブーさんへ
2007/12/07 14:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
長谷寺・その1(登廊) こんぺいとう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる