こんぺいとう

アクセスカウンタ

zoom RSS 幾つになっても・・・

<<   作成日時 : 2007/11/01 19:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

 一昨日の火曜日に出勤した長男が帰ってきません
 携帯に電話をしても、留守電を入れても音沙汰無し・・・
 こういう時ってまともな事は考えません
 何かあったのではないか、今日帰ってこなければ捜索願いを出そうか
 そんな話しをしながら携帯メールを確認ししましたら本日24時02分に着信メールがありました
 《2日間徹夜》
 “なんとか生きてます、大丈夫です。でも何時帰れるか判りません”
 冗談じゃないですなんの権利があって他人様の子どもをこき使うの
 腹が立ちました〜
 でも、これがサラリーマンの宿命なんですよね・゚゚・(×_×)・゚゚・
 自分の傷の痛みを忘れるほど心配しました
 幾つになっても息子が心配な悲しい母親なんです 
 放射線治療も終わりスッキリとしたかったのですが、少し落ち込んでます
 心配したせいか胸が疼きます〜

 昨日の病院帰りに撮った写真です
 大きな【花梨の実】が生ってました。花梨エキスは喉に良いんですよね
画像

 家の近くまで来たら清掃車がゆっくりと移動中、まどろっこしくて回り道をしました
 そこで見つけた黄色い花
画像

 正体は【ヘチマ】
 【赤いピラカンサス】の木に絡みついてました 
画像

 【温州ミカン】のようです。大きな木でした
画像

 ミカンに見えるけど(ン?見えないですか?)【黄色のピラカンサス】です
画像

 やっぱり私にはミカンに見えます
画像

 11月というのに朝顔が元気に咲いてました
画像
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
hinaさまこんばんは
解ります、幾つになっても子供は子供です。家の娘も明日から5日間ほど
家を離れ群馬での仕事との事。やはり心配はします。家内もあれこれと世話を焼いているのはきっと心配と、寂しさかも知れません。”もう子供じゃないから”といっても親から見れば子供ですからね。
ビラカンサス、見えましたよみかんに。よく実っていますね。いい眺めです。放射線治療終わってよかったですね。お疲れさまでした。
ハマ爺
2007/11/01 22:43
hinaさん こんばんわ
長かった放射線治療も終わり、第二段階をクリヤーですね。この次は第三段階に進むわけですね。
根気よく、治療をおすすめくだざい。

息子さんが二日も音信不通で、帰って来ない・・・
親は心配ですよね。勤めていた頃には、「親不孝者」だつた?私にも、そんな経験が何度もあります。
昭和50年代ですが、勤務先の予算担当をしていた頃、10月から11月には、来年度予算編成のツメをする時期で、徹夜、徹夜の連続でした。
勤務先の会計システムをコンピューター化する時も、基本計画の決定時とか、実務全般を構成するソフト作りの時などは、メーカーのSEと毎晩、毎晩、時には朝まで続けた事が何度もありました。
もっと若い時でも、徹夜、徹夜の仕事をした経験は何度もあり、珍しい事ではありませんした。
そんな時、家には「今夜帰れない」などという電話をした記憶は殆んどありませんでした。まさに「親不孝者」そのものですよね。
・・・仕事人間になると、多分誰でも・・・

俳写日本美
2007/11/01 23:49
第二段階無事終了、おめでとうございます〜♪
hinaさんにはご自分の病気より息子さんのほうが胸に占める割合が大きい日々だったのですね。これは早くお嫁ちゃんを見つけてもらわねば…笑。
でも、心配できるうちがいいのかもしれませんね。

この実はピラカンサスというのですね。オレンジと黄色に出会いました。アサガオも出先のトタン屋根の上に花をいっぱい咲かせていました。今日、初めて最高気温が20度を下回ったのですが、まだまだ花の世界はのろまのようです…笑。
おばブー
2007/11/02 00:00
放射線治療終了おめでとうございます〜
息子さまの事ご心配でしたね〜
おばブーさまのおっしゃるように心配できるうちがいいのかもですね〜
嫁にバトンタッチしたら寂しいものです。。。
私は息子に強い薬のアレルギーのあることを自分で管理するようにと結婚する時に言いました・・・・嫁に期待もできないですから。。。

ピラカンサ、ミカンにも見えますね〜ブログのお友達は柿に見えるとおっしゃっていました〜柿にもみえますし。。。
カリンは匂いが良いですね〜〜〜。
アズキの母
2007/11/02 01:24
おはようございます ♪    我が家も毎年花梨が生りっ放しです。
花梨酒でも作るといいのですが飲む人がいないものですから・・・
子供は幾つになっても心配ですね。父もおばあさんになった私の夜歩き
をいまだに心配しています(笑)
♀カメ虫
2007/11/02 06:53
みな様、ご心配をおかけしました。長男は昨日の夜中に戻ってきました。
寝不足でバテバテでしたが、今日はお休みだそうで少しホッとしてます。
我が家では夫の時代から「予定が決まったら連絡」するという暗黙のルールがありました。夫が現役時代、友人数人と、この件に関して話したことがあります。その中で一人の友人に言われたことです。
“男は一歩外へ出たら電話を掛ける事が出来ない時もある、それが例えお酒の席でもメンツもあるんだからそんなことを言っちゃいけない”
私は反論しました。“メンツってなに?会社があって夫が働けて自分たちが食べさせて貰っている、その事には感謝するけれど、一緒に住んでいる家族へたった1分の時間を割くことも出来ないなんておかしい”
結局意見はいつまで経っても平行線でしたが(笑)
私は家族への最低限の優しさとして、その位のルールがあっても良いのじゃないかと思うんですよ。
↓続く・・・
hina
2007/11/02 07:48
500文字制限を越えましたので第2部です(笑)

徹夜仕事は仕方がないとしても、私の我が儘かも知れませんが、携帯も浸透している時代“せめて1分の優しさを母親に下さい”と、声を大にして言いたい〜(* ̄m ̄)ノ彡☆ばんばん!!(笑)
朝から少し興奮してしまいました〜 (。・_・。)ポッ
息子二人、早く家族を作って独立して欲しいです・゚゚・(×_×)・゚゚・
hina
2007/11/02 07:50
おはようございます。

息子さんが帰られてホッとなさっていることでしょうね〜〜
治療が終わって、息子さんも帰っていらして
今朝はスッキリしていらっしゃるのではないでしょうか。

hinaさんの母心の記事を読んで何だか安堵してしまいました。私と同じ(^・^)
娘は明日引越しです。
本当にいくつになっても子供のことは気にかかりますよね〜〜
私も実家から我が家に帰ったときは必ず「今着きました」と連絡を入れます。
そうじゃないと車で交通事故に遭ったのではないかと母がとても心配するのです。
80の母が50をとうに超えた娘を心配しているんです(笑)
ホント!親はありがたいものです。
hinaさんの息子さんたちもhinaさんに心の中ではうんと感謝していると思いますよ〜〜〜

カリン、立派ですね!美味しいカリン酒ができそう!
みかんはもう黄色くなっているんですね〜〜〜
もう店頭に出ていますものね。
朝顔がいまだに??
酷暑を乗り越えて植物にとって今が一番すごしやすいのかもしれません。
dream
2007/11/02 08:37
おはようございます。
(*-ω-*)んー…  そうなのですねー
子どもはいくつになっても心配なのですねー
私は母親と同居ですが いまだ 子ども扱いです。
この家を仕切ってるのは母親。もう50にもなろうとしてる私ですが 家事なども全ては任されておりません。 いいのでしょうか〜 これで。。
私たちに子どもがいないのも一つの要因かもですね〜
私が親になっていれば 少しは一人前の大人 としてみてもらえるのかなー
なんて 愚痴を書いてしまいましたが。。
皆さんのコメント読むと 親はありがたい。。と ありがたいとは思うのですが。。。 
こうやって愚痴を言うようでは まだまだ子どもなのですね。。。

息子さん今日は一日ゆっくりですね!よかったよかった。
いくら若いといっても体を酷使しては・・忙しくて大変ですね。。。

朝顔・・・信じられなーい! 
dora
2007/11/02 10:32
二日間連続の徹夜という残業・・・家族の方は心配ですよね。
私は、家族とはなれて就職していましたから、連絡を誰にするということもありませんでした。
でも・・・帰宅もせずに、缶詰状態で仕事をするというのは違法なことだと思います。
そんな違法が、昔やったことがあるとか、男にはそういう仕事もありうるのだということで肯定することは許されないことだと思っています。
と主張する私の息子達も、無茶な労働実態にいけないことだと、友人達と話し合う気配を見せません。
ここには、職場に憲法がない実態を予感する次第です。
Tatehiko
2007/11/02 19:15
息子さん、帰られて安心しましたね〜。良かったです。
家族が遅くなったり、連絡なしで帰らなかったりすると心配です。布団に入っていても眠れません。やはり母親ですから心配するのは当然ですし、幾つになっても子供は子供ですね。

大きな花梨の実がなっていますね〜。花梨の甘い香りが好きです。
赤いピラカンサの実も綺麗ですね。黄色い実は本当にミカンに見えますね。真っ赤な実も綺麗ですが、黄色いピラカンサの実も可愛いです♪

2007/11/02 19:19
徳さんの息子も音信不通! 
携帯に電話しても 手紙をやっても返信がな〜い。
心配してやもうえず会社に電話すると
「出張で大阪に行っています」との返事・・・。。。
生きてはいるらしい。
それから数日後、電話で連絡があり
「携帯が壊れたまま 買い換えずにいる」という
人騒がせな 息子です。暢気なもんですねぇ。。。
携帯が使えないなら公衆電話で連絡する配慮もないのかなぁ。
親とは関係なく一人で生きているつもりらしい。
世の中心遣いがなくて良い仕事はできん!!
どこでもそんなんでしょうか?
教育方針が間違っていたんでしょうね。
黄色のピラカンサは熟れるとオレンジ色に変化するので
蜜柑と似てますねぇ。。。
ログの大好きな徳さん
2007/11/02 21:57
実は、私が手術をした翌日(9月7日)には姪の旦那様が「胃ガン」の手術をしました。
長男とは2才年上の若者ですが、ストレスから来る胃潰瘍と言うことで検査をしていて偶々発見された小さな癌でした。
早期発見でしたので大事には至りませんでしたが、他人事ではありません。
長男は、土日も休む間も無く出勤してましたが、今週末はなんとか休めそうです。
今日は職場からの電話が何度も入ってきたようで、家にいてもゆっくり出来きませんが栄養のある美味しいものを食べさせたいと思います。
hina
2007/11/03 00:22
音信不通の、息子さんには、心配されたことでしょう。
いくつに、なっても、心配は、付き物ですね。私、だいぶ、子供にならされましたけれど・・・うちの息子、20歳の時、車ごと、境内の池にダイビングして、自分ひとりで事故ったことが、あって、あとで、よく、生きて帰ってきてくれたと、マジに痛感しましたよ。朝起きたら、息子の靴が濡れていたので、急いで、部屋に行って、眠る息子から、事情を、聞かされてから、びっくりしたことを、思い出しました。夜中に、レッカー車の手配やら、事故の始末も、自分でやり遂げたとのことでした。親は、何も、知らないで、眠りの中でしたが・・
親を頼らないで、全部自分で、後始末をしましたが、これで、いいのですよね〜
ひまわり
2007/11/03 13:42
子供は大人になっていようがなんだろうが、母親というものは心配、しますよね〜
うちの息子たちも家にいるときには(!)出かけたときには帰宅するまで心配で心配で寝ることも出来なかったです(^^ゞ
でもよくしたもので、というか・・・あきらめ?
どのこも家を離れてしまったいまは車に乗っていようが・・目に見えてないから(!)心配しなくなりました(>_<)
うっかりすると自分に子供がいること忘れてる日々が・・・\(◎o◎)/!
なんという冷たいおっかちゃんになったものか・・・(>_<)
みやこ
2007/11/03 22:51
お早うございます。

みな様のお話を伺って、色々な考え方がある事が良く判りました。
ルールというのは家庭によって違って当たり前なんですね。

昨年、数ヶ月間、長男は出張で家を空けました。
土日には帰宅してましたが、その時は連絡が無くても特に心配はしなかったんですよ。
みやこさんが仰るように、身近にいると気になるんですよね。
残業が続き、おかしな?就業体勢が続いたときも時間は掛かりましたが取り敢えずは慣らされました。

31才の息子、会社から頼りにされているのでしょう(嫌みです・・笑)
きっと今回のようなことがこれからもあると思います。
心配することは体に良くないと判っていても、これが私の性分、この歳ではどうに出来ません。

こちらで愚痴らせていただいて、みな様のご意見を伺って、少し気が楽になりました。
どうも有り難うございました┏○ペコ
hina
2007/11/04 07:38
大勢の皆さんから、いろいろなご意見がありましたね。
それぞれの方々の、それぞれのお考えを読ませていただきました。

勤め始めての2〜3年は、新しいことを覚えるのに一生懸命です。
数年経つと、その職場での自分の立場が自覚されるようになって、「欲」が出てくるのです。
“ヤル気”のある人は、前に進む意欲に燃えて、「仕事人間」になって、職場の中で「重用」されます。当然、責任のある仕事を与えられ、それに真剣に取り組みまます。
のんびりとした、過保護で育ったモヤシ人間は、皆に追い越されていって、後ろからノロノロと付いて来るのです。そんな人は、居ても居なくても良い人間で、やがて、何処かに放出されます。
大企業でも、零細企業でも、また、一流の国立大卒でも、程度の差こそあれ、基本的には同じです。

やはり、「有用な人間」でなければ、生存競争の敗者になってしまいます。
・・・チョッと厳しい言い方でしたが、・・・
俳写日本美
2007/11/05 02:04
お早うございます。
再度のコメント、ありがとうございます。
お返事が遅くなって申し訳ありません。
あの後、金・土・日と連休だと行っていた長男は、金曜日は電話攻勢に会い、土日も結局出勤する事になりました。
仕事が出来ても出来なくても、母親にとっては元気でいてくれることが一番と思っていますが、今は私自身が治療に専念しなければなりませんので、息子のことは本人にお任せの方向で考えようと思います。
hina
2007/11/06 07:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
幾つになっても・・・ こんぺいとう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる